自動車事故に巻き込まれた場合、己が自動車事故の被害者のケースでも事故を起こした人が手落ちを少しも認めないという事例はかなり存在します。例として、意識的に起こってしまったのではなく不注意で乗っていた車を激突された状況などにこういった言い争いにうつってしまう可能性がありがちです。とは言っても、事故現場で車だけの物損対応されて数ヵ月後に症状が現れた際に病院の証拠書類を警察署に出すのでは遅れを取る感は仕方がなくなります。それなら、事故の過失割合はどんな風な基準があるのでしょうか?正しく申しますと警察署が確定するのは、主として自動車での事故の大きなミスがあったのは関係したドライバーのどちらかという内容であって、過失割合ではありません。最終的に明確にされた事故の責任者が警察署から教えられる事は場面はないです。そのため、過失の割合がどうなのかは事故にあった両者の相談の結果によって決められ、それが損害賠償額の算定基準になります。この場合、両方が自動車任意保険に入っていなかった場合は本人同士が真正面からやり取りします。しかし、その話し合いでは、冷静さを失った応報になる場面が高いです。この上、お互いの言い分に差があれば万が一の場合、裁判にまで進みますが、これは貴重な時間とお金のかなりの損失は避けられません。それにより概ねそれぞれの運転手に付く保険の会社、このように互いの保険の会社に話し合いを頼む措置を使って、妥当な「過失割合」を冷静に決めさせるのです。そのような際には、自動車の保険の会社は前の車での事故の裁判が行われ、出た判断から決められた判断材料、判例集を基に推計と交渉を活用して過失の割合を決めます。そうであっても交通事故においては、不幸にも関わってしまったのか起こしてしまったのかを考える前に、とりあえず警察を呼ぶのが大切です。その上で自動車の保険会社に連絡をしてその先の交渉を委ねるのが順序になります。その順番さえ把握していれば不毛な交渉への展開を未然に防止できます。