カードの没収とは、名が指すとおり理由を問わずクレジットカードを退会(停止)されせらてしまうことを言います。強制退会となった場合には当たり前の話対象のカードはそれ以降、完全に決済不可になります。強制失効扱いとなってしまう理由は多岐に渡る→クレジットカードを強制的に失効となってしまう事情は多岐に渡ります。一般的には日常生活の支払いにおいて決済するなどカードを切っている際、読者が失効させられてしまうパターンなどはほぼありませんから心配なさらずにいて頂きたいと思いますが、失効となるかもしれないパターンというものを頭の片隅に留めておくことでクレジットを気持よく利用できるようにもなる考えられるため以下の文章ではパターンのひとつの例について言及できたらなと思う。兎にも角にも言えることはクレカの会社から信用がなくなるような行為をしたりすること、クレジット会社に対して不利益となりうる行為をしなければ、まず強制失効などということはないと言ってよいでしょう。健全に利用することが第一のため、以前に当てはまるような取引をやったことがおありの人がいらっしゃれば、しっかりいい履歴となるように注意して頂きたいと思います。クレジットの使用料金を返さない》こんなことは甚だ論外のパターンではあるが、利用した請求金額をクレジットカード発行会社に支払いしない請求金額の不払いをする、日常的な金欠のために請求の弁済に困るような場合は間違いなく強制失効となるようになります。そもそも相手方は信用しているからクレジットを使用させていているのだから、契約者が支払いを履行しない限りにおいては信用残高は崩れてしまうでしょう。このような理由でカードを利用できなくすることでその後の被害を未然に防ぐ処置を講じることから没収となってしまうのです。