「私は専業の主婦なのですが、ときどき突如手持ち資金というものが要求されることもあったりするのです。そんな際カードローンが使用できたら等と思ったりするのですが、仕事をしていないと金融機関のカードというものは作成してはもらえないと聞いたことがあるのです。ですが専業主婦仲間で金融機関のカードなどを使用している方もいたりするのです。専業主婦でも作成してもらえるクレジットカードというようなものが有るのですか」こういう質問にお答えします。借入というものを申し込む際定職へついて定期所得といったようなものが確かに発生しているなどという審議の条件があったりするのです。よって専業主婦の場合だと審査には通らないのが通常なのですが、今でこそ色んなカード会社というものが専業の女性にもクレジットカードを発行してます。不思議だと思うかもしれないですがこの場合の審議の内容というものは申込者自身じゃなく、旦那さまについての信用度での審査になるのです。なお利用できる金額分といったものはあまりおおくないと思っていた方が良いのではないかと思います。またその波及というようなものが旦那さまのキャッシングカードへ届くときも有ります。総量規制の改革により年収に対する一定の割合に到達するまでという制限が存するのですからご主人の有すクレジットカード利用限度がぎりぎりだと、改めてカードを作成した場合引き下げられる危険が有るのです。そして作成の際に入籍をしているということについてを立証するための書面の送付というようなものを要求してくることも有ったりします。こうした法律上の対応というものは各社も苦心してるように思います。もしも約定の時には婚姻をしていたがその後破綻したときは本人が届け出しないと把握できません。従前どおりに使い続けた時貸し付けているカード会社は法律違反営業ということになっております。斯うした状況なので今後主婦へキャッシングカード作成に対して、何らかの法規制というものが起こるものだろうと思われます。